Archive for 10月, 2011

TracLightning3.1.3リリース

TracのSaaSサービスの開発を行っているjun66j5さんから、TracLightning 3.1.3がリリースされました。是非ご利用ください。

3.1.1までは全てのリリースのリリースマネージャを私が担当してきましたが、3.1.2から輪番制にしました。3.1.2のkanuさんに続く輪番制にしてから2つ目のリリースです。

輪番制にしたのは、幾つか意味があります。

  • 色々な人にOSSの開発とリリースを経験してほしい
  • わたしは、現在TracLightningを利用しておらず、開発から何ら利益を得ていないけど、TracLightningの開発に参加することにより、利益を得られる可能性がある人に利用して欲しい
  • 段々自分自身の興味が薄れてきてリリースするのが辛くなってきた

私自身は、TracLightningに対するモチベーションが薄れてきていますが、TracLighntingの開発に参加することにより、勉強になったり利益を得る可能性がある日人が居ると思っています。そういう人に活用してもらえればと思っています。

今回は、Cikloneの開発者のjun66j5がリリースマネージャとしてリリースして頂いたということで、TracLightningを便利だと思ったけど、インストールや環境の運用がめんどくさい人は、是非Cikloneを利用して頂ければと思っています。

ちなみに、今回のリリースでは、jun66j5さんが一番コミットでも貢献しており、その次に私が2,3バグを直した気がします。

残念ながら前回リリースマネージャを担当したkanuさんのコミットは0でした。輪番リリースマネージャ制にしたのはいいけど、コミッタとして定着しないのは、プロジェクトの課題だと思っています。(まぁ、別にやる気がある人がやればいいという話はありますが)

ということで、今後ともTracLightningをよろしくおねがいいたします。

Kanon Project 0.9.0リリース

Kanonの当初の構想は、M$のプロジェクト管理の製品群をOSSで実現するというものでした。しかし、別に本業でツール開発をやっている訳でもない自分が暇な時間を使って作るなど到底無理な話で、MS Projectのクローンを目指したKanon Projcetの開発は頓挫していました。まぁ、理由のひとつとしては、会社ではMS Projectを使っていて、問題ないということがありますが(汗

それでも、世の中貧乏人(失礼!!)が多いのか、Kanon Projectに期待しているという声もちらほら聞こえてきていました。

さて、先日、英語で国籍不明の外国人から、「SVGのエクスポートのパッチ作ったから取り込んでくれよ」というメールがいきなりきました。日本でさえ、致命度知名度が低くかつ、Googleabilityが低いKanon Projectを何処からみつけてきたのか、正直驚きました。その外人がたまたまアニメ/ゲームオタクで見つけたのかどうかは怖くて聞けませんでした(私は日本語でもそういう話題に疎い上に、さらに英語で書かれたらたまったものではないので)。

ということで、SVGパッチを取り込むついでに、風前の灯の勢いでバグを修正しKanon Project0.9.0をリリースしました(詳細はこちらから)。Java6以上が入っていれば、JavaWebスタートで簡単に試すことができますので、興味がある人は試してください。

ソースコードは、今回の事件を機に、無謀にも世界進出を狙ってGitHubに移し英語のREADMEも整備しました。ソースコードの取得はGitHubをご覧ください。バグ修正などはプルリクエストで受け付けます。

まぁ、アジャイルが最大限に盛り上がっているときに、「お前は今更何をやっているんだ」と思われなくもないですが、まぁ、使ってくれている人が居てそれに答えてりるだけなので、それでいいんです。はい(汗